板金

塗装

作業の流れ

昨今のECO活動が活発になる中、板金業界でもECOの考えが広がっています。

事故などで凹んでしまった、傷ついてしまったボディ。当工場では、その部分を安易に新品と取り替えることなく、職人の熟練した技術で修復します。
すぐに新しいパーツと取り替えることをせず、「修復」し、「また使う」ので、廃棄物を出さない環境にやさしい板金技術です。

また、新しいパーツの料金もかからないので、新品交換よりも安く仕上がり、経済的でお財布にもやさしい板金です。

※損傷具合によっては修復が出来ない場合もございます。詳しくはご相談下さい。

オイル関係

作業の流れ

1.傷の修復
クリアの所で止まっている場合は、ミガキをし直すことで直ります。
傷が大きい場合は、下処理から修復作業を行います。
傷の度合いで作業が変わるので、どの程度の傷なのかは、ご相談下さい。
2.凹みの修復
まず、「あらだし」(大まかに凹みを元に戻す作業です)を行います。その後に、細かい部分を直していきます。
細かい部分(あらだしで出し切れなかった部分)は、パテで修正し、「パテトギ」(削って整える作業です)をします。
これを2~3回(パテが盛りやすい種類から盛りにくい種類へ代えていきます。盛りにくいものほど、きめ細やかになります。)します。
3.フレームの修復
各車輌メーカーからの寸法表に則って各パーツの長さを計り、曲がった部分を直します。
(修正の基準は、寸法表と実物のパーツの長さの比較です)
直し方は、「引っ張る」→「計る」を繰り返して、修正していきます。

【新潟県新潟市 | 白根】 八子自動車(やこじどうしゃ)

〒950-1200 新潟県新潟市南区曙町1072-1
TEL:025-372-3814 / FAX:025-372-3854 / E-MAIL:info@yako-cars.com